大船渡に笑顔を

2011年5月13日

5月4日(水)にSocks for Japan 「日本に靴下を」のチームは、手紙付きの靴下5,422足を岩手県大船渡市で配布しました。今回はさちよさん、たか子さん、としあきさん、そして私の四人が現地に出向きました。

いつもの見慣れた風景:

”被害の大きい”家屋は完全に流され:

”被害のある”家屋はこのような感じです:

被災された方々は家や車や財産をなくしただけではなく、職をも失いました。かつて漁業と海運業に携わっていた人たちは毎朝この辺りで集合していましたが、今ではこのような状況です:

みなさんの心持ちが低いことは当然理解できることですが、それを変えることが私たちの役目です。確かにこれまで被災者の方々に各方面から救援物資が届けられました。しかし直接励ましの言葉が送られたり、どれだけ周りの人たちが被災地のことを思っているかという「心の交流」があまりありませんでした。私たちはその辺りを専門としていて、靴下と手紙を届けることでたくさんの笑顔を見てきました。さらに悲しみが喜びに変わり、落ち込んでいた人たちが明るくなっていくのを目撃してきました。ほんの一瞬の喜楽かもしれませんが、このような小さな幸せが少しずつ積み重なり、これが行く行く人生の次の一歩を踏み出すきっかけとなることを信じています。

写真を見てみると、最初の頃は私たちだけが笑顔でした:

しかし時間が経過するとともに、被災者の方々も明るく振る舞いはじめました:

このおばあさんは私たちが到着した時、とても落ち込んでいました。私たちは彼女に可愛らしい靴下を見せたり、冗談を言ったりして一生懸命気持ちを軽くしてもらおうとしました。おばあさんは靴下と手紙を受け取りましたが、あまり喜んでいませんでした。この最初の写真は靴下と手紙を渡されてすぐのものです:

おばあさんは自分の布団に戻りましたが、私は彼女が靴下にあまり気を向けないで、また落ち込んでしまうだろうと思いました。しかし彼女は丁寧に靴下の入った袋を開け、靴下を観察し、自分の足に靴下を近づかせたりし、そして手紙をじっくりと読みはじめました:

避難所では大変な日々が続きますが、靴下と手紙がなんと魔法のようにみなさんを明るくさせるのです。このおばあさんもしばらくしてから私の方を向き、大きな笑顔を見せてくれました:

私たちは日中、その近所の集会所での行事に参加しましたが、これは辺りで避難している方々が集まって、食べ物やエンターテインメントを楽しむものでした。この催し物の主催者が私たちに入り口付近で靴下と手紙を配るように言ってくださいました。そこで私たちは片側が大きく開いて炊き出しができるトラックの後ろで作業に取りかかりました。

やってきたみなさんは食べ物とエンターテインメントだけではなく、靴下と手紙を受け取ってとても嬉しそうでした。どなたかが靴下を配りに来た私たちこそがその行事のエンターテインメントだと言ってくれました:

フライドポテトをお裾分けしてくれた女性:

この女の子はスーパーモデルのようにポーズしてくれました:

私はこのとても小柄な女性をちょっと怖がらせてしまったかもしれません:

次の避難所への道のりは立ちはばかる洪水とがれきで険しかったです:

さらにこのお店の前を通った時、私の妹のエミリーが米国コロラド州ロングモントで働いているレッド・フロッグ・コーヒーのことを思い出しました:


私はその喫茶店の前で立ち止まり、「もしエミリーがここで働いていたら、彼女は助かっただろうか?」と考えました。彼女を津波で失うということを想像しただけでひどく悲しくなりましたが、しかし3月のあの金曜日に実際に家族をなくされた方々が今どのような心境なのかを思うとさらに心が痛みました。

次の避難所ではテントで生活する方々もいましたが、テントの中をのぞいてみると、マットの上に私たちが配った靴下が置いてありました:

私たちは靴下を配る「屋台」を設置し、みなさんはお祭り気分になりました:

最後の避難所に到着したのがちょうどみなさんが夕食を食べた後でした。私たちは大型バンから靴下を配布しましたが、はじめはあまり人が集まりませんでした。しかしまたたく間にたくさんの方々がやって来ました:

そしてみなさんが笑顔になりました:

温かい夕日が被災地に降り注ぐのを丘の上の避難所から見えました:

この海の街が復興するのに何年もかかるでしょうが、私たちはみなさんのお役に立てたかもしれないという思いで大船渡を離れました。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Bestselling Financial Author